本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

担い手育成関係補助事業(認定農業者)

公開日 2015年2月20日

最終更新日 2018年6月25日

○認定農業者関係

■「強い農業・担い手づくり総合支援交付金」(国)

<地域担い手育成支援タイプ>

 融資主体補助型

ア. 実施期間 : 令和元年度~
イ. 趣旨・内容 : 中心経営体が金融機関からの融資を活用して農業用機械等を導入する場合支援する。
ウ. 補助対象者 : 人・農地プランに位置付けられた中心経営体
エ. 補助率 : 3/10以内(配分上限3,000千円)

  条件不利地域型

ア. 実施期間 : 令和元年度~
イ. 趣旨・内容 : 経営体が共同で利用する経営規模の拡大や多角化・複合化を進めるための機械等を導入する場合支援する。
ウ. 補助対象者 : 農業者等の組織する団体、参入法人、事業実施主体が認める団体
エ. 補助率 : 3/10以内(配分上限3,000千円)

■「新時代の水田農業低コスト化対策事業」(県)

 新時代を牽引する水田農業経営体育成対策事業

ア. 実施期間 : 平成29年度~
イ. 標準事業費 : 7,500千円
ウ. 趣旨・内容 : 経営面積概ね10haで今後5年以内に20ha以上を目指し、かつ米のコスト低減に取り組む認定農業者(45歳未満)に対し機械を導入する場合支援する。
エ. 補助率 : 1/2(県3/10、市1/5)

 水田農業におけるスマート農業推進事業

ア. 実施期間 : 平成29年度~
イ. 標準事業費 : 7,500千円
ウ. 趣旨・内容 : 経営面積概ね20ha以上である認定農業者が営農情報管理システムの専用端末を活用し、トラクター・田植え機(可変施肥機)を導入する場合支援する。
エ. 補助率 : 1/2(県3/10、市1/5)

■「豊後大野市担い手経営強化対策事業」(市)

ア. 実施期間 : 平成28年度~37年度
イ. 趣旨・内容 : 農業従事者の高齢化が急速に進展する中、本市農業における将来の担い手の確保及び育成を図ることを目的として、農業者が経営規模を拡大するため、農業用機械や施設の整備を行う場合に補助金を交付する。
ウ. 補助対象機械・施設 : 豊後大野市担い手経営強化対策事業補助金交付要綱(平成28年4月1日告示第76号)別表(第4条、第6条関係)に定める農業用機械・施設等の導入に係る経費とする。ただし、次に掲げる要件を全て満たす場合に限る。
エ. 補助率 : 事業費の2分の1に相当する額(その額が100万円を超えるときは、100万円)とする。
オ. 補助対象者 : 補助金の交付対象となる者は、市内の認定農業者、認定新規就農者又は認定就農者であって、次の各号のいずれにも該当しない者とする。

  • 国・県の同種の事業を実施する者
  • 市税を滞納している者

■「豊後大野市後継ぎ支援交付金」(市)

ア. 実施期間 : 平成28年度~平成39年度まで(平成37年度までに事業実施計画承認申請がされた場合において、市長がこれを承認したものに係る事業に限る。)
イ. 趣旨・内容 : 認定農業者の高齢化や後継者不足、さらには増加する耕作放棄地対策や地域の担い手を確保することを目的として、将来的な経営継承を約束する親元就農者に交付金を交付する。
ウ. 補助対象者 : 交付金の交付対象となる者は、市内の認定農業者の農業後継者であって、平成28年4月1日以降に就農し、年間200日以上農業に従事するもので次に掲げる要件を満たすものとする。

  • 親元就農時の年齢が50歳以上55歳以下で、60歳以下での経営継承時期を明記した家族経営協定を締結している者
  • 5年後の規模拡大を前提とした経営計画書を作成していること。
  • 国・県の同種の交付金事業を受給していない者
  • 市税を滞納していない者

エ. 交付額 : 1人当たり月額5万円を3年間交付する。

就農状況報告(HP用)[DOC:69KB]

お問い合わせ

農業振興課 担い手支援係
電話:0974-22-1001