本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

「特殊詐欺等被害防止機能付き」電話機等購入補助金のご案内

公開日 2020年5月1日

最終更新日 2020年5月1日

特殊詐欺等の被害防止機能付き電話機等の購入費の一部を補助します!
(令和2年5月1日より受付開始)

 高齢者に対するオレオレ詐欺、還付金詐欺、悪質な勧誘電話などの特殊詐欺等の被害を未然に防止するため、満65歳以上の方を対象に防止機能の付いた電話機や機器の購入及び設置に要する費用の一部を補助します。

補助金の対象となる方

 次の1~5の要件をすべて満たす方 

  1 市内に住所を有し、かつ、居住している方

  2 申請時に満65歳以上のみの世帯である方

  3 過去に警察等から電話機等の貸与を受けたことがない方

  4 暴力団員等でない方

  5 市税等を本人及び世帯全員が滞納していない方

補助対象機器

 次のいずれかの機能をもつ固定電話機、または固定電話機に取付け可能な機器であり、市内業者から購入するもの。

  1 着信の相手に対し、警告音声を発し、会話の内容を自動的に録音する機能

  2 被害を引き起こす可能性のある着信を自動的に拒否、または警告表示をする機能

補助金額

  購入及び設置費用の3分の2で上限10,000円(100円未満は切捨て)

  ※補助金の交付は1世帯につき1回に限ります

申請から交付までの流れ ※購入前に申請が必要です!

1 市内業者からカタログと見積書をもらう

  ◆市内業者から購入予定機器の機能が確認できるカタログ等と見積書(設置費用を含んだ金額)をもらってください。

  ◆補助対象機器に該当するかよく確認してください。

2 本庁総務課または各支所市民係で申請する

  【提出するもの】

  ◆交付申請書(様式第1号)[PDF:96KB]

  ◆購入予定機器のカタログ等の写し

  ◆見積書の写し

  ◆暴力団員等でないことの誓約書[PDF:116KB]

  ※申請のため、印鑑をお持ちください。

3 審査後、交付決定通知書が届く

4 見積書通りに機器を購入し、業者から領収書と保証書をもらう

5 購入後は、速やかに本庁総務課または各支所総務係で実績報告をする

  【提出するもの】

  ◆実績報告書(様式第3号)[PDF:84KB]

  ◆交付請求書(様式第5号)[PDF:270KB]

  ◆領収書

  ◆保証書その他機器番号がわかるもの

  ※印鑑と振込口座がわかるもの(通帳等)をお持ちください。

6 指定口座に補助金が振り込まれる

 

お問い合わせ

防災危機管理室 
電話:0974-22-1001

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。