「椿窯 佐藤珠幸 陶展 ~25年をむかえ~」開催中!

公開日 2018年5月7日

最終更新日 2018年5月2日

文化ホールで今年度最初の企画展、「椿窯 佐藤珠幸 陶展~25年をむかえ~」を開催中です!

「椿窯 佐藤珠幸 陶展」は、1993年より朝倉文夫記念文化ホールでほぼ毎年開催している、朝地町在住の陶芸家
佐藤珠幸さんによる展覧会です。
今回は25回目の記念展として、これまでの作品と新作を合わせた合計138点の作品を展示し、これまでのあゆみを
振り返ります!

展覧会を開催するまでには様々な準備があるのですが、写真は照明当てをしているときの様子です。

作業中

事故がないよう声をかけ合い協力しながら作業を進めます!
このあと台の位置を調整したり、作品を展示したり、キャプションをつけたり…と初日に向けて準備していき、無事
初日を迎える事ができました。

会場の様子1

今回は陶芸作品だけでなく、佐藤さんが手掛けた染色、絵画、竹工芸など幅広いジャンルの作品を展示しており、
とても見ごたえのある展示内容となっています!

会場の様子3  会場の様子2

また、作品はすべて触ってOK!
作品の手触り、重さなど感じれる「手」での鑑賞で、「目」での鑑賞だけではわからない新たな発見があるかも…?
写真撮影もOKですので、お気に入りの作品をカメラに収め、お家に帰ってからも楽しんでいただたら嬉しいです!

ゴールデンウィークは是非、朝倉文夫記念館へお越しください!

(2018年5月2日 M.S.)

お問い合わせ

まちづくり推進課 文化芸術振興室 朝倉文夫記念館
電話:0974-72-1300