「佐藤曻 風景画展」シンポジウムとワークショップ

公開日 2017年8月3日

最終更新日 2017年8月1日

現在、文化ホールでは、「佐藤曻 風景画展 同時開催:グループ・29会展」を開催中です。

会期中には、様々な関連事業があります。
開催2日目の7月23日には、シンポジウムを開催しました。
大分市美術館の専門員、大神健二さんの進行のもと、佐藤さんに、学生時代のお話や制作の裏話、作品への想いなどお話し頂きました。

シンポジウム1 シンポジウム2

たくさんの方がご参加くださいました!笑いが溢れる、和やかな雰囲気のシンポジウムになりましたよ^^

7月30日には、子供向けワークショップを開催しました。
「絵を描こう・デザインをしよう」というワークショップで、佐藤さんに教えてもらいながら画用紙に絵を描いていきます。

ワークショップ2

画用紙を折って、紙いっぱいにトーテムポールのような、百面相を描いていったり、
動物などを描いた画用紙をくしゃくしゃにして、出来たしわをなぞって動物を怪獣に変身させたり、
とってもおもしろい方法で絵を描いていきます。

ワークショップ4

ワークショップ3 ワークショップ6

みんな、初めての技法に夢中で手を動かしていました。

ワークショップ5

最後は作品を並べてみんなで鑑賞します。
とっても素敵な作品ができあがりましたよ!

会期中、ワークショップをあと2回開催しますので、是非ご参加ください!

・大人向けワークショップ「風景画の描き方」
佐藤さんに風景画のコツを教えてもらいながら風景画を描くワークショップです。
日時 : 8月5日(土曜日) 午前10時から午前12時まで
場所 : アトリエ朝(集合は朝倉文夫記念文化ホール)
持ち物 : 描きたい風景の写真(自分で撮ったものでも、行ったことのない場所の風景でも、なんでも!)
      鉛筆、消しゴム、絵の具や色鉛筆などお好きな画材、タオル
※参加料は無料ですが、入館料の400円がかかります

・子供向けワークショップ「絵を描こう・デザインをしよう」
7月30日に開催したものと内容は同じで、画用紙を折ったり、くしゃくしゃにしたりして、オリジナルトーテムポールやオリジナル怪獣を描きます。
夏休みの宿題におすすめです!
日時 : 8月20日(日曜日) 午前10時から午前12時まで
場所 : アトリエ朝
持ち物 : 鉛筆、消しゴム、絵の具や色鉛筆などお好きな画材、タオル

お申し込みは朝倉文夫記念館 【電話番号:0974-72-1300】まで!
皆様のご参加お待ちしております。

サルスベリ

サルスベリもきれいに咲いています、こちらも是非見においでください^^

(2017年8月1日 M.S.)

お問い合わせ

まちづくり推進課 朝倉文夫記念館
電話:0974-72-1300