本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

担い手育成関係補助事業(新規就農者)

公開日 2015年3月12日

最終更新日 2018年6月25日

○新規就農者関係

■「農業次世代人材育成投資事業」(経営開始型)(旧青年就農給付金事業)(国庫)

ア. 実施期間 : 平成24年度~
イ. 事業趣旨・内容 : 人・農地プランに位置づけられた独立自営就農時の年齢が満50歳未満の新規就農者に対し、資金を交付する。
ウ. 給付金額 : 最大1,500,000円
エ. 給付期間 : 最長5年間

■「新規就農支援交付金」(市)

ア. 実施期間 : 平成28年度~37年度
イ. 交付対象者 : 独立自営就農時期が50歳以上55歳以下の認定新規就農者
ウ. 交付要件 :

  • 2人以上(夫婦、兄弟及び3親等以内の親族)の就農、市内出身者の帰農の場合は家族内労働力の確保ができ、2人以上で営農活動を行うことができる者
  • 人・農地プランの「中心経営体」に位置づけられること又は位置づけられることが確実なこと

エ. 交付金額 : 一人当たり月50,000円×36カ月を年度ごとに交付

■「大分県中高年移住就農給付金」(県)

ア. 交付対象者 : 独立自営就農時期が50歳以上55歳以下で、県内の研修機関で研修を受ける者
イ. 交付要件 :

  • 研修終了後は認定新規就農者になる者
  • 国・県の他の事業と重複しないこと

ウ. 交付金額 : 一人当たり年1,000,000円×2か年(県費1/2,市費1/2)

■「大分県親元就農給付金」(県)

<準備型>
ア. 給付対象者 : 農業次世代人材育成投資事業を受給していない親元就農予定の農家子弟
イ. 給付要件 :

  • 就農予定時の年齢が50歳未満
  • 県立農業大学校の農大学部生の2年生若しくは農大準備研修生の農家子弟研修期間が概ね1年かつ概ね年間1,200時間以上であること

ウ. 給付金額 : 最大1,500,000円(県費1/2,市費1/2)
エ. 給付期間 : 最長1年

<経営開始型>
ア. 給付対象者 : 平成28年度以降に就農し、国の農業次世代人材育成投資事業を受給していない親元就農者
イ. 給付要件 :

  • 就農時の年齢が50歳未満
  • 人・農地プランの担い手として位置づけられること
  • 5年後の所得が250万円以上となる経営発展計画を作成し認められること
  • 家族経営に関わる者の所得が3カ年平均で1人当たり400万円以下

ウ. 給付金額 : 最大1,000,000円(県費1/2,市費1/2)
エ. 給付期間 : 最長2年(ただし準備型給付期間を含む)

お問い合わせ

農業振興課 担い手支援係
電話:0974-22-1001