医療機関を受診するとき

公開日 2015年1月8日

最終更新日 2015年1月8日

 病院などの医療機関の窓口で保険証などを提示すると、年齢などに応じた自己負担割合(一部負担金)を支払うだけで、次のような医療を受けることができます。

  1. 診察
  2. 治療
  3. 薬や注射などの処置
  4. 入院、看護(入院時の食事代等は別途負担します)
  5. 在宅医療(かかりつけ医による訪問診療)、看護
  6. 訪問看護
自己負担割合(一部負担金)
義務教育就学前 2割
義務教育就学~70歳未満 3割
70歳以上75歳未満 昭和19年4月1日以前に生まれた人 1割
昭和19年4月2日以降に生まれた人 2割
現役並み所得者 3割

※状況によっては、国保が使えないケースがあります。 詳しくはこちら

お問い合わせ

市民生活課 国保年金係
電話:0974-22-1001【内線2129】