本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

教育長室へようこそ

公開日 2018年9月1日

最終更新日 2020年4月13日

 令和2年4月8日、新年度がスタートしました。教育長

 今年度も「ヘプタゴン教育」を力強く推進して参ります。特に、今年は「質の高い」教育を展開していきたいと考えています。

 

                              "子どもたちは地域の宝です"

 子どもたちの夢の実現に向け、子どもたちひとり一人に寄り添ったていねいな指導に心がけていきます。「質の高い」とは「誰も取り残さない」と読みかえ、子どもたちの想いや願い、希望や夢を大事に受け取り、全ての子どもたちと一緒に学んでいくいく環境を創っていきます。

                               ヘプタゴン教育の7つの柱

                                1,キャリア教育の推進

                                2,小中一貫教育の実現

     3,コミュニティ・スクールの充実

     4,確かな学力の育成

     5,豊かな心の醸成

     6,郷土学の推進

                                  7,学校環境の充実

 この7つの柱を重点に置き、子どもたちと一緒に、そして、地域のみなさんと一緒に、地域ともにある学校づくりをすすめていく覚悟です。

 特に、今年度は小中一貫校へ移行する取組をすすめ、令和3年度には、朝地小学校と朝地中学校で、「1年生から9年生が集う『朝地小中一貫校』を設置したい」と考えています。これは、平成25年度から「連携型小・中一貫教育」をすすめてきており。

 この7年間の取組で多くの成果を得ることができました。中学生と小学生が日常的に交流する様子はとても微笑ましく、包み込む空気が心地よく流れています。地域に1校の学校、その学校をその地域の方々が優しく見守る、厳しく応援する、そんな姿がいよいよ令和3年度から登場します。ぜひ期待してください。

 もう一つ、重点的に取り組むキャッチフレーズは「居場所なし0(ゼロ)」です。今、いろいろな悩みをもって、学校に居場所のない子がたくさんいます。教室の中が苦痛になったり、放課後友だちと一緒に遊べなかったり、そんな子どもたちと一緒に、たくさん語り合う時間を確保します。場所も提供します。相談相手もいます。「居場所なし0」は、毎日が充実した学ぶ環境を用意します。

 自分の夢を実現するため、未来に向かって力強く翔(はばた)く「ヘプタゴン=豊後大野っ子」を、2020も応援し続けます。

 

豊後大野市 教育長 下田 博

 

 

 
 

 


 




お問い合わせ

学校教育課 
電話:0974-22-1001

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。