本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

「環境とエネルギーを考えるシンポジウム」開催について

公開日 2018年2月15日

最終更新日 2018年2月14日

人も自然もシアワセなまちを目指して

 東日本大震災を契機に大規模集中型のエネルギーシステムの脆弱性が顕在化し、再生可能エネルギー等の地域資源を活用した災害に強い自立・分散型のエネルギーシステムの導入が求められています。本市の豊かな自然を活用した、環境に配慮した再生可能エネルギーの導入、地産地消型エネルギーシステムの構築、災害時のエネルギー確保などの取組を推進する中で、人と自然、暮らしとエネルギーのことについて考えることを目的に「環境とエネルギーを考えるシンポジウム」を開催します。

日時及び場所

 平成30年2月25日(日) 午後1時30分~午後4時00分
 エイトピアおおの 小ホール

主催

 豊後大野市、株式会社ぶんごおおのエナジー

後援

 大分合同新聞社、OBS大分包装、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、大分ケーブルテレコム

内容

 13時00分~ 株式会社ぶんごおおのエナジー設立発表会
 14時00分~ 【第1部 基調講演】 
  「世界一幸せな国と豊後大野市の共通点はエネルギー!」
  講師 戸沼 如恵(とぬま ゆきえ)氏(エコ・コンシャス・ジャパン合同会社代表)
 14時50分~ 【第2部 事例発表】
  「みやま市のエネルギーの地産地消に向けた活動について」
  講師 渡邉 満昭(わたなべ みつあき)氏(福岡県みやま市環境経済部エネルギー政策課)
 15時15分~ 【第3部 パネルディスカッション】
  「環境保全とエネルギーの地産地消」
  コーディネーター 松村紅実子氏(Thinkオーレ!大分のエネルギーを考える会主宰)
  パネラー      山野健治氏(新電力おおいた社長)
            戸沼如恵氏(エコ・コンシャス・ジャパン合同会社代表)
            渡邉満昭氏(福岡県みやま市環境経済部エネルギー政策課係長)
            佐藤陽平氏(一般社団法人ひとねるアカデミー代表)
            川野文敏(豊後大野市長)
 16時00分 閉会

 「環境とエネルギーを考えるシンポジウム」チラシ[PDF:1MB]

お願い

 一般の方に関しましては、整理券を事前に配布させていただきます。随時、下記場所、時間で受け付けております。ご足労をおかけいたしますが、ご理解願います。
 なお、整理券はなくなり次第、配布終了となります。

 整理券配布場所:豊後大野市地域創生課(豊後大野市役所本庁舎4階)
            電話:0974-22-1001 内線2413、2414

 

お問い合わせ

まちづくり推進課 
電話:0974-22-1001

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。