本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

働きながら保育士を目指す方を応援します

公開日 2015年9月4日

最終更新日 2015年8月20日

市内での雇用創出、保育士の確保、待機児童の解消のため、市では、市内の保育所等で補助業務に従事しながら保育士資格の取得を目指す方を保育所等が雇用する経費について補助する「保育士養成促進事業」を創設しました。
働き場所として保育所を選択する方や保育士を目指しているものの働いていない方や他の職に就いている方は、市内の保育所等で働いてみませんか?
雇用の受け入れ等は各保育所によりますが、興味のある方は市役所社会福祉課までお気軽に相談して下さい。

保育士養成促進事業の概要

この事業は、あくまで保育士を目指す方を雇用する保育所等に対して補助します。
個人に対する補助事業ではありません。

補助要件

豊後大野市内の保育施設が以下の要件をすべて満たす場合補助するものとする。
 1 平成27年度以降に保育士試験を受験し合格した者を、2年以上雇用すること。
 2 保育士として雇用契約を結ぶ以前に保育補助者として雇用した実績があること。

対象となる保育施設

認定こども園、保育所、地域型保育(家庭的保育・小規模保育・居宅訪問型保育・事業所内保育)

補助対象経費及び交付基準

保育士として採用する前月分から起算して、最大、過去1年分の給料(本俸及び諸手当(ただし賞与は除く))を補助対象経費とする。
交付基準は、補助対象経費の実支出額と補助基準額(月額120,000円)を比較して少ない方の額(千円未満の端数は切捨て)の1/2以内とする。(最大60,000×12月)

保育士養成イメージ

お問い合わせ

子育て支援課 こども支援係(内線2157)
電話:0974-22-1001