本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

園芸振興補助事業に関すること

公開日 2015年2月20日

最終更新日 2015年2月20日

【大分県単事業】

○次世代を担う園芸産地整備事業

次世代を担う園芸産地づくりを進めるため、企業的経営体の育成を主眼に産地の拠点となる栽培施設や流通施設の整備を支援し「大分の顔」となる園芸品目を確立する。

1 園芸企業者育成対策
 1) 規模拡大施設整備事業
  栽培施設整備、生産基盤整備、新植、改食、高接
2 企業参入促進対策
  栽培施設整備、生産基盤整備
3 低コスト園芸施設整備
 1) 生産性向上施設整備事業
  施設高度利用、防災・省力化、重油高騰対策
 2) 遊休施設等活用事業
  a  遊休ハウス活用
  遊休ハウスの移設、補修
  b 拠点産地施設改修
  施設の改修
4 園芸産地拠点施設整備対策
 1) 大規模リース団地整備事業
  施設整備(リース団地)
 2) 広域産地拠点施設整備事業
  広域集出荷施設の整備
5 大規模リース団地整備支援事業
  新規入植者の負担軽減を支援

 補助率

  1/2 (県費:1/3,市費:1/6) 戦略品目・戦略品目に準ずる品目
  1/3 (県費:1/6,市費:1/6) 戦略品目・戦略品目に準ずる品目以外

 戦略品目
  トマト、白ねぎ、イチゴ、小ねぎ、にら、ピーマン、ハウスみかん、
  かぼす、なし、キク、バラ、トルコギキョウ

 戦略品目に準ずる品目
  おおば、みつば、高糖度かんしょ、にんにく、露地みかん、ぶどう、
  スイートピー、アルストメリア、ホオズキ、鉢物

○野菜価格安定対策事業
 野菜の市場価格が著しく低下した場合に、生産者に価格差補給金を交付することにより、生産者の経営に及ぼす影響を緩和するとともに、消費者への野菜の安定供給を図る。

1価格安定対策事業
 市場価格が著しく低下したとき、価格差補給金の交付を行うのに必要な準備金を造成する。

○大分の茶産地強化対策事業
 「おおいた茶」のブランド確立を推進するため、産地の規模拡大と省力化対策を講じ、生産体制の強化を図るとともに、新たな需要に対応するため、2、3番茶の生産力強化、ペットボトル等緑茶飲料にも対応した産地づくりを行う。

1 茶産地育成強化対策
 1) 産地拡大対策
 緑茶飲料産地づくりのための茶園造成、茶苗木等植栽、乗用管理機、防霜施設等
2 地域ブランド確立対策
 高品質なかぶせ栽培を推進するためかぶせ栽培施設の整備等

リンク先
大分県農林水産部園芸振興室
http://www.pref.oita.jp/uploaded/life/287455_350352_misc.pdf

【豊後大野市単独事業】

○戦略品目等産地化プロジェクト支援事業

産地拡大や生産者の経営安定等、戦略・重点品目の生産性向上に対する課題解決を図るとともに、これら品目に係る産地化とブランドの確立を早期に図るため、農業関係者が一丸となり主体性と創意工夫を発揮し、技術の向上並びに農業生産の拡大に向けた取組を支援することを目的とする。

1 ソフト(推進)事業
農業生産に革新をもたらす先進的な技術の導入等、新たな活路を切り拓いていく取り組みを推進する。
2 ハード(施設・機械等)整備事業
産地における高品質農産物の供給体制の確立を図るための施設・機械等の整備を支援する。

お問い合わせ

農業振興課 
電話:0974-22-1001

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。