本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

多面的機能支払交付金について

公開日 2014年11月4日

最終更新日 2014年11月4日

多面的機能支払交付金の目的

農業・農村は、国土の保全、水源の涵養、自然環境の保全、良好な景観の形成等の多面的機能を有しており、その利益は広く国民が享受しています。

しかしながら、近年の農村地域の過疎化、高齢化、混住化等の進行二伴う集落機能の低下により、地域の共同活動によって支えられている多面的機能の発揮に支障が生じつつあります。
また、共同活動の困難化に伴い、農用地、水路、農道等の地域資源の保全管理に対する担い手農家の負担の増加も懸念されています。

このため、農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を測るための地域の共同活動に係る支援を行い、地域資源の適切な保全管理を推進します。
また、これにより、農業・農村の有する多面的機能が今後とも適切に維持・発揮されるとともに、担い手農家への農地集積という構造改革を後押しします。
今まで実施されてきました「農地・水保全管理支払交付金」は、平成26年度から日本型直接支払制度の「多面的機能支払交付金」として、事業内容が拡充されて実施されることになりました。

概要について

多面的機能支払交付金の概要等については、農林水産省ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

農林整備課 農林企画係
電話:0974-22-1001【内線2340】