本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

犬飼支所からのお知らせ(令和3年度第17号)犬飼町の風景~紅はるかの収穫~

公開日 2021年10月4日

 令和3年9月下旬、犬飼町の各地で「紅はるか」の収穫が始まりました。
 今回取材させていただいたのは、柚野木地区の木津一秀さんの農場です。
 
犬飼町は昔からさつまいもの栽培が盛んで、この紅はるかは平成20年から販売が始まった新しい品種です。
 
木津さんは、大分県やJAと協力して、平成17年から紅はるかの試験栽培に取り組まれ、現在では犬飼町の紅はるかの生産の中心を担っています。
 
紅はるかは、収穫後に一定期間温度調整して貯蔵することで糖度が上がり、クリーミーでしっとり・やわらかな肉質となり、焼くと甘い蜜がトロトロと溢れ出して、それだけでもう絶品のスイーツのような味わいになります。
 
この特別な紅はるかは、JA全農が商標登録している「高糖度かんしょ甘太くん」として、福岡・関西方面を中心に販売され、特に女性と子どもに人気となっています。
 
本市のふるさと納税の返礼品にもなっていますので、ふるさと納税をご検討の方はぜひ「甘太くん」をお求めください。


 R3.10.1紅はるか写真 (4)


 R3.10.1紅はるか写真 (31)

 
 R3.10.1紅はるか写真 (109)

 
 beniharuka202104
 
 

お問い合わせ

犬飼支所 市民係
電話:097-578-1111