本文へ移動

文字の大きさ:

背景色:

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う令和2年度における大分県特定不妊治療費等助成事業の取扱いについて

公開日 2020年4月21日

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、助成対象について、時限的に下記のとおり取り扱います。

大分県特定不妊治療費等助成事業の助成対象(令和2年度の取扱い) (大分県のホームページ)

助成対象について

治療開始時点の妻の年齢が44歳に到達する日の前日まで

【要件】以下の(1)及び(2)に該当する場合に限ります。

(1)令和2年3月31日時点で妻の年齢が42歳である夫婦

(2)令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期し、令和3年3月31日までに治療を開始したもの

通産助成回数について

初めて助成を受ける際の治療期間の初日における妻の年齢が41歳未満であるときは、通算助成回数を6回とする。

【要件】以下の(1)及び(2)に該当する場合に限ります。

(1)令和2年3月31日時点で妻の年齢が39歳である夫婦

(2)令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期し、令和3年3月31日までに治療を開始したもの

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について
新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について【大分県】[PDF:280KB]

お問い合わせ

健康推進室 親子健康係
電話:0974-22-1001

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。