地域経済牽引事業促進法に基づく大分県及び豊後大野市の取り組みについて

公開日 2017年11月13日

最終更新日 2017年11月9日

地域経済牽引事業促進法

地域経済牽引事業促進法とは、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者に対する経済的波及効果を及ぼすような「地域経済を牽引する事業(地域経済牽引事業)」を促進するものです。
具体的には、都道府県知事が承認した地域経済牽引事業に対して国から集中的に支援を行うとともに、自治体での事業者発掘を支援するため、地域経済牽引事業の担い手候補2,000社程度を抽出・公表して情報提供を行います。

大分県基本計画の概要

この基本計画は、大分県と18市町村が一体となって、「地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、かつ、相当の経済的効果を及ぼす事業(=地域経済牽引事業)」を支援することで、地域経済の発展を図っていくものです。
計画期間は平成29年9月29日から平成35年3月末日までとなっています。
事業者の皆さんが基本計画に定めた産業に関する地域経済牽引事業を行うために設備投資を行う場合、その計画段階(着手前)で「地域経済牽引事業計画」の承認を得ることにより各種優遇施策を受けられる可能性があります。

※詳しくは、経済産業省及び大分県のホームページをご覧ください。

経済産業省ホームページ

大分県ホームページ

お問い合わせ

商工観光課 地域経済振興係
電話:0974-22-1001