平成30年度幼稚園・保育所・認定こども園・事業所内保育入所(園)児童募集

公開日 2017年11月1日

最終更新日 2017年10月18日

 平成30年度に豊後大野市内の教育・保育施設(幼稚園・保育所・認定こども園・事業所内保育)の利用を希望する児童を募集します。施設によって申込方法が異なる部分もあります。よくご確認のうえお申し込みください。
 

受付期間及び対象年度

受付期間:平成29年12月1日(金)~平成29年12月22日(金)※土・日、祝祭日除く。(期限厳守)
対象年度:平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日の間)に対象施設の利用を希望する場合

受付場所

市内の各幼稚園・保育所・認定こども園・事業所内保育 ※社会福祉課、学校教育課、各支所でも受け付けます。

豊後大野市内の教育・保育施設 ※平成29年11月1日時点

豊後大野市内の教育・保育施設一覧
形態

名称

受入年齢 住所 電話番号
幼稚園 三重幼稚園(公立) 5歳 三重町市場1496 0974-22-0628

東幼稚園(公立)

5歳 三重町小坂3959 0974-22-0865

新田幼稚園(公立)

5歳 三重町久田1220 0974-22-6537
おおのさくら幼稚園(公立) 4・5歳 大野町田中2180-1 0974-34-2456
千歳幼稚園(公立) 5歳 千歳町新殿770-1 0974-37-2033
通山幼稚園(公立) 4・5歳 犬飼町柚野木1732-1 097-578-1862
犬飼幼稚園 満3~5歳 犬飼町犬飼8-3 097-578-0149
保育所 双葉保育園 0~5歳 三重町市場1160 0974-22-0562
扇田保育園 0~5歳 三重町内田2717-1 0974-22-0570
千歳保育園 0~4歳 千歳町長峰730 0974-37-2073
認定こども園 どんぐり幼稚園 0~5歳 三重町市場1477-4 0974-22-0182
ひがしこども園 0~5歳 三重町小坂3956 0974-22-4460
ももえだこども園 0~5歳 三重町百枝1570 0974-22-2100
すがおこども園 0~5歳 三重町菅生2398 0974-22-6454
しいのみこども園 0~5歳 清川町砂田1876-1 0974-35-2314
緒方保育園(公立) 0~5歳 緒方町下自在157-1 0974-42-2454
あさじルンビニこども園 0~5歳 朝地町坪泉526 0974-72-0171
おおのルンビニこども園 0~5歳 大野町田中2411-3 0974-34-2725
いぬかいこども園 0~5歳 犬飼町田原1419 097-578-0706

事業所

内保育

さくら保育園(地域枠) 0~2歳 三重町赤嶺1250-1 0974-22-0660
にこにこ保育園(地域枠) 0~2歳 三重町小坂4165-1 0974-22-3988

※事業所内保育の従業員枠については別に設定されています。

選考方法

  • 2号・3号認定の選考(利用調整)は選考基準に基づき市で行います。
  • 1号認定の選考は、施設ごとに行います。
  • 申込者が多数の場合、待機や第1希望以外の施設となる場合がありますので、第2、3希望も記入してください。
  • 公立幼稚園については、申込者が5人に満たない場合は休園といたします。

保育の必要性の事由(2号・3号)

※保育の認定を受けるには下記のいずれかの事由に該当し、保育所・認定こども園等における保育が必要と認められる場合です。1号認定は、3~5歳で教育を希望する方はどなたでも受けることができます。
〇昼間家庭外で仕事をしている、または家庭で児童と離れて日常の家事以外の仕事をしている
〇母親が妊娠中である、または出産後間がない
〇病気やけがをしている、または心身に障がいがある
〇長期にわたる病気や障がいのある同居の親族を、常時介護している
〇震災や風水害、火災などの災害の復旧に当たっている
〇保護者が求職中である
〇保護者が就学中(職業訓練を含む)
〇虐待やDV被害の恐れがある場合
〇保護者の育児休業開始時点で保育施設に入所の児童について、当該育児休業の間も引き続き入所が必要と認められる場合
〇市長が、上記に類する状態であると認める場合
※保護者以外で児童の保育ができる人が家庭内にいる場合は、上記の事由に該当しても2号・3号認定が受けられない場合があります。

提出書類

※必要な書類は各施設・学校教育課・社会福祉課・各支所に準備しています。
A  認定申請書兼現況届出書・入所(利用)申込書(マイナンバーの記載が必須です)
B  入園願書(申込書)
C  保育を必要とする事由の証明(例)
・就労証明書(就労が理由の場合)
・診断書(病気、けがが理由の場合・・治癒期間の明記を)
・身体障がい者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳、または介護保険証の写し(介護が理由の場合)
・母子健康手帳の写し(妊娠、出産が理由の場合)
D  平成29年度の住民税所得割課税額がわかるもの
平成29年1月2日以降に豊後大野市に転入された方等、市外課税者が対象
・住宅借入金等特別控除前の所得割課税額
・当時の住所地の市区町村税務課にお問い合わせください
E  その他施設が定める書類(希望する施設にお問い合わせください)

※1号認定の申請にはA、B、Eが必要です。2号及び3号認定認定の申請にはA、C、Eが必要です。
平成29年1月2日以降に豊後大野市に転入された方及び市外課税者はDが必要です。

認定区分

認定区分
区分 対象年齢 保育の必要性 利用可能施設 保育の必要量
1号 3~5歳 幼稚園、認定こども園(教育部分) 【教育標準時間】
2号 保育所、認定こども園(保育部分)

【保育標準時間】

1日11時間以内

【保育短時間】

1日8時間以内

3号 0~2歳 保育所、認定こども園(保育部分)、地域型保育

市外施設の利用 (就労等の都合で市外施設での教育・保育を希望する場合)

  • 市外の施設を利用する場合でも、保育の必要性の認定は豊後大野市で行います。
  • 社会福祉課こども支援係または各支所へ認定申請書を提出してください。
  • ​入所(園)申込みについては、認定申請の際にお問い合わせください。

利用時間(預かり保育・延長保育)

・1号認定:8時~14時(通常教育終了後は、施設により預かり保育あり)
・2号・3号認定:標準時間(基準)7時~18時(11時間)の内の保育が必要な時間
短時間(基準)8時~16時(8時間)の内の保育が必要な時間(短時間の時間設定については各施設に確認してください)
〇預かり保育(幼稚園の一時預かり)実施施設・・認定こども園全園、三重幼稚園、東幼稚園、通山幼稚園、おおのさくら幼稚園、犬飼幼稚園
〇延長保育実施施設・・保育所・認定こども園全園・事業所内保育
※預かり保育・延長保育の利用時間・利用者負担については直接施設にお問い合わせください。

保育料

※保育料の区分・金額は、変更となる場合があります。

1号認定(教育を利用する場合)
階層

区分

1号認定(満3~5歳)

1

生活保護世帯
 

0円

2

市民税非課税世帯
 (市民税所得割非課税世帯含む)

2,000円

※第2子以降は無料

3

市民税所得割課税額
30,000円以下

6,300円

4

市民税所得割課税額
77,100円以下

11,200円

5

市民税所得割課税額
211,200円以下

14,300円

6

市民税所得割課税額
211,201円以上

17,900円

※5歳児は4,500円を上限とします。
※別途、給食費と施設が定める費用などが必要となります。
 

階層

区分

2号認定(3~5歳) 3号認定(0~2歳)
2号・3号認定(保育を利用する場合)
    標準時間 短時間 標準時間 短時間
1 生活保護世帯

0円

0円 0円 0円
2 市民税非課税世帯

4,200円

※第2子以降は無料

4,200円

※第2子以降は無料

4,800円

※第2子以降は無料

4,800円

※第2子以降は無料

3 市民税所得割課税額
30,000円未満
8,000円 7,800円 9,500円 9,300円
4-1 市民税所得割課税額
57,700円未満
11,500円 11,300円 13,200円 13,000円
4-2 市民税所得割課税額
60,000円未満
11,500円 11,300円 13,200円 13,000円
5-1 市民税所得割課税額
77,101円未満
18,900円 18,600円 21,600円 21,200円
5-2 市民税所得割課税額
97,000円未満
18,900円 18,600円 21,600円 21,200円
6 市民税所得割課税額
169,000未満
29,000円 28,500円 33,200円 32,700円
7 市民税所得割課税額
301,000円未満
40,600円 39,900円 46,400円 45,700円
8 市民税所得割課税額
397,000円未満
53,900円 53,000円 61,600円 60,700円
9 市民税所得割課税額
397,000円以上
70,700円 69,600円 80,800円

79,600円

※5歳児の標準時間は12,100円、短時間は11,900円を上限とします。
※満3歳に到達した日に属する年度中の2号認定の保育料については、3号認定の基準額を適用します。
※別途、施設が定める費用が必要となります。
※給食費および施設が定める費用は施設ごとに異なりますので、具体的な内容は各施設へお問い合わせください。

「保育料の減免について」

A  要保護世帯(ひとり親世帯、在宅障がい児(者)がいる世帯)の保育料負担軽減
 1号~3号の認定に拘らず、要保護世帯で市民税所得割額が77,101円未満の世帯を対象に、第1子は半額、第2子以降は無料。
B  多子世帯の保育料負担軽減
 これまでの保育施設等の同時利用(兄弟同時入所等)による減額に加え、市民税所得割額が57,700円未満の世帯(2、3号認定に限る。)
 1号認定では、市民税所得税割額が77,101円未満の世帯)を対象に、第2子は半額、第3子以降は無料。
 第何子かを確認する際は、保育施設等を同時利用している必要や年齢制限はなし。また、生計同一であれば市外の学校に通っているなど、別居の子も含める。
C  Bの範囲に入らない多子世帯の保育料負担軽減
 1号認定…同一世帯で小学3年生~3歳までの間で、入所対象児童が第2子は半額、第3子は無料。
 2号・3号認定…同一世帯で入所対象児童の上の子が教育保育施設等に入所していれば第2子は半額、第3子以降は無料。
D 大分県にこにこ保育事業
 平成30年4月1日時点で3才未満で戸籍上第2子以降が対象で、第2子は半額、第3子以降は無料となります。
 ※ 事業所内保育の従業員枠は算定方法が違います。

様式・手引き等

01_(様式第1号)支給認定申請書1[PDF:155KB]
02_(様式第2号)就労証明書[PDF:170KB]
03_(様式第3号)申立書[PDF:66KB]
04_(様式第4号)利用に係る調書[PDF:54KB]
05_納付誓約書[PDF:55KB]
06_にこにこ申請書[PDF:123KB]
07_申請書兼現況届・申込について(手引き)[PDF:404KB]
08_(様式第1号)支給認定申請書(記入例)[PDF:328KB]

お問い合わせ

社会福祉課 こども支援係
電話:0974-22-1001【内線2154】
学校教育課 
電話:0974-22-1001【内線2214】

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。