「豊後大野市災害廃棄物処理計画」を策定しました。

公開日 2017年3月30日

最終更新日 2017年3月28日

計画策定の趣旨

豊後大野市では、今後発生が予測されている南海トラフ地震規模の震災に備え、平成29年3月に「豊後大野市災害廃棄物処理計画」を策定しました。

本計画は、一度に大量の発生が予想される災害時の廃棄物処理について、市民の皆さまやボランティア団体、各関係機関の方たちとの「協働」により、迅速かつ適正な処理及び再資源化等による減量を図り、速やかに復旧・復興を推進していくことを目的に策定するものです。
 
 

災害時のごみの出し方について

震災時であっても、一度に大量に発生する災害ごみを短期間で処理したり再資源化するためには、初動期からのごみの分別が必要です。分別の方法については、平時(通常時)のごみの出し方が基本となりますが、具体的な内容については、発災時に音声告知放送やケーブルテレビ等にてご案内する予定です(震災の状況によっては、収集の場所や時間帯、回数が変更となる場合があります)。
 

また、市の清掃センター以外にごみの持ち込みが行える「仮置き場」の候補地(リスト)については、下記の資料にてご確認ください。皆さまのご理解とご協力をお願いします。

 

 

豊後大野市災害廃棄物処理計画[PDF:949KB]

仮置き場候補地選定リスト[PDF:244KB]

各申請様式[PDF:232KB]

計画策定までにいただいたご意見やご質問集[PDF:142KB]

お問い合わせ

環境衛生課 
電話:0974-22-1001

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。