住民総参加型スポーツイベント「チャレンジデー」について

公開日 2017年3月10日

最終更新日 2018年6月13日

チャレンジデーロゴマーク1

チャレンジデーは、毎年5月の最終水曜日に世界中で開催される住民参加型のスポーツイベントです。本市も「誰もが健康に暮らせる」ことを目指し「運動習慣のきっかけづくり」としてチャレンジデーに参加しています。

「チャレンジデー2018」は、終了しました。
多くの市民の皆さまにご参加いただきありがとうございました。

チャレジデーとは

グラウンドゴルフ大会

全国の市町村が参加します。人口規模がほぼ同じ自治体間で、1日に15分間以上継続した運動やスポーツを行った住民の数(参加率)を競い合います。チャレンジデーを通じて自治体間の交流により、本市をPRすることができます。コミュニティづくりや自治体の活性化にもつながります。チャレンジデーは、行政・民間団体・住民が一体となって取り組むスポーツイベントです。

市民のみなさん一人ひとりが主役です!

ファイナルイベント三重会場スポーツ玉入れ大会

いつでも、どこでも、誰でも参加できます。チャレンジデーは、従来のスポーツイベントのように一部の限られた人たちがスポーツをするのではなく、自宅・学校・職場など、どこでも、どんなスポーツをしてもよく、年齢・性別問わず誰でも気軽に参加できる点が大きな特徴です。15分以上継続した運動であれば、どのようなスポーツでも参加できます。

  • 犬の散歩をした。(ウォーキング)
  • 子どもと体を動かして遊んだ。
  • ラジオ体操をした。
  • 買い物で歩き回った。

上記のことなど日常の中で気軽に出来る運動で参加できます。
※チャレンジデー当日は、さまざまなスポーツイベントが開催されます。

 
 
 

参加報告をお願いします!

チャレンジデー開催日の「午前0時から午後9時まで」の間に15分間以上継続した運動して参加報告をお願いします。
参加報告の方法は、事前に配付されるチラシにある運動報告用紙にて、回収箱もしくはFAXにて市役所または、各支所、各公民館へ報告してください。
※電話、QRコード(インターネット)での報告もできます。
※市内にいる全ての方が参加できます。
※報告ができるのは、1回だけです。

過去の対戦結果

対戦結果
参加回数 参加年 参加率 メダル 対戦自治体 対戦結果
1 2012年(平成24年) 29.7% 行方市(茨城県)
2 2013年(平成25年) 33.5% 男鹿市(秋田県)
3 2014年(平成26年) 42.3% 潟上市(秋田県)
4 2015年(平成27年) 51.2%

東松島市(宮城県)

南城市(沖縄県)

シサク(クロアチア)

5 2016年(平成28年) 42.1%

東御市(長野県)

マルーシ(ギリシャ)

ベニート フアレス(アルゼンチン)

6 2017年(平成29年) 45.7%

羽島市(岐阜県)

ポコネー(ブラジル)

7 2018年(平成30年) 45.4%

八女市(福岡県)

ハラル・デル・プログレソ(メキシコ)

  • 2002年(平成14年)~2004年(平成16年)は、緒方町で参加しています。
  • 2005年(平成17年)~2011年(平成23年)は、豊後大野市緒方町で参加しています。
  • 2012年(平成24年)からは、豊後大野市で参加しています。

お問い合わせ

社会教育課 (チャレンジデー実行委員会)
電話:0974-22-1001
FAX:0974-22-6828