第10回大分アジア彫刻展(2010)

公開日 2015年1月31日

最終更新日 2015年1月31日

入賞作品 The Prize-Winning Works of the 10th Oita Asian Sculpture Exhibition

大賞 Grand Prize

第10回大賞「風と石榴・casa armenia」風と石榴・casa armenia
Wind and Pomegranate・Casa Armenia

H50×W70×D20cm
樟 Camphor wood

西村 浩幸 NISHIMURA Hiroyuki
神奈川県 Kanagawa JAPAN

コメント
巨木から薄い板状を削り出す作業が面白い。
それは刺の様であり、羽の様であり、細胞壁の様でもある。
稜線を凝縮させた部分を薄造りにし、体積を減らしても量感が表現出来る様に思考して来た。
そんな折、イランを巡り、人や自然に触れ、骨骨しい作品[casa ossa]を生み出した。
そのcasa-ossaを昇華させた作品が今回のcasa armeniaである。
イラン旅行の翌年アルメニアを訪れ、石榴や葡萄、薔薇等、荒れ地に絡み付く野性的で強靭な植物と出会った。強風吹き上げる私のアトリエの周囲には、同じ印象のカラタチが沢山植えられている。
これら植物の樹勢は人の形を連想させる。石に絡み付き、強風に耐え、人の気配がする。
この作品は、生活スタイルから必然性を持って生まれた形である。

優秀賞 Prize for Excellence

第10回優秀賞「life」life
ライフ

H22×W70×D23cm
勝連トラバーチン Katsuren travertine

福長 香織 FUKUNAGA Kaori
沖縄県 Okinawa JAPAN

コメント
何気ない日常に、大切な時間や記憶が存在します。
過ぎてゆく一瞬、心の深くにある記憶を温もりのあるかたちに残そうとしています。

優秀賞 Prize for Excellence

第10回優秀賞「大地を引くもの」大地を引くもの
Pulling on the Earth

H49×W44×D44cm
楠、銅 Camphor wood, Copper

里 佳孝 SATO Yoshitaka
千葉県 Chiba JAPAN

コメント
今日と明日で
生きる場所は違うかも知れません。
しかし、その土地、その大地で
自分の世界をつくるのです。

優秀賞 Prize for Excellence

第10回優秀賞「ルールさえ守っていれば、幸せになれるって、聞いたんです」『ルールさえ守っていれば、幸せになれるって、聞いたんです』
Obedience Finds Happiness?

H10×W70×D70cm
陶 Pottery

佐藤 百合子 SATO Yuriko
神奈川県 Kanagawa JAPAN

コメント
小さな羊を用いて人間の社会的群像劇を比喩する作品に取り組んでいます。
今回の作品では約250頭の羊を配置構成しました。
「善良で優しく勤勉で無知な人々」、彼らが持つ可能性をモチーフにしています。
羊は伝統的な陶芸材料である陶土・長石・マグネサイト・合成骨灰などから作られており、1210度の窯で焼成して制作しています。こうして高温で焼締めた粘土は石材と近い組成となり、空気劣化や光劣化による退色や変形を半永久的に寄せつけません。割り壊さない限りは1000年後にも同じ姿を維持します。
私にとって陶磁原材料は理想的な表現媒体です。

優秀賞 Prize for Excellence

第10回優秀賞「回帰」回帰
Revolution

H36×W50×D40cm
ステンレススチール、鉄 Stainless steel, Iron

森 貴也 MORI Takaya
大分県 Oita JAPAN

コメント
ある日私は、とても大きくて魅力的な切り株に遭遇した。
私はその存在感に惹かれ、作品にしようと考えた。

【学生部門】 Student Division
OA新作家賞 The Oita Asian New Artist Award

第10回OA新作家賞「ワタシタチイキモノタチ」『ワタシタチイキモノタチ』
Us Living Creatures

H31×W69×D21cm
欅 Zelkova Wood

後藤 友里 GOTO Yuri
埼玉県 Saitama JAPAN

コメント
私は、なぜ彫刻に木を用いるのかということを常に考えて制作をしています。そのために他の素材や表現方法を試みることもあります。これからも木の素材としての可能性と彫刻の本質について考え、現代社会の中で自分は彫刻家として、どのように生きていくのかを考えていきたいと思います。皆様のおかげでこのような賞をとることが出来ました。心から感謝を申し上げます。

【学生部門】 Student Division
奨励賞 Prize for Encouragement

第10回奨励賞「かたち-くろ」かたち-くろ
Black Presence

H42×W40×D22cm
ガラス Glass

石原 慶子 ISHIHARA Keiko
静岡県 Shizuoka JAPAN

コメント
「かたち」って何だろう。
アイデアスケッチで平面的に、粘土造形で立体的に、
いつも「かたち」を追いかけています。

【学生部門】 Student Division
奨励賞 Prize for Encouragement

第10回奨励賞「いのちの花」いのちの花
Flower of Life

H36×W58×D48cm
白御影石 White granite

西村 大喜 NISHIMURA Daiki
兵庫県 Hyogo JAPAN

コメント
植物がもつ生命感、そして石材という素材がもつ存在感。
それらを融合し、私なりの「生きる美しさ」を追い求め、石と向かい合い制作しております。

豊後大野賞 Bungo Ono Award

第10回豊後大野賞「土からの収穫」土からの収穫
Soil's Harvest

H47×W51×D51cm
テラコッタ Terra cotta

青木 邦眞 AOKI Kunimasa
埼玉県 Saitama JAPAN

コメント
「土からの収穫」は時間と成長が有機的にかかわっているプロセスであり、生成のダイナミズムを表現しました。

「豊後大野賞」

「豊後大野賞」・・・会期中(10月9日~11月9日)までの来場者(小学生以上)に入選作品25点の中から、好きな作品を3つ選んで投票してもらい、最も人気が高かった作品に賞金10万円を贈る。
回収枚数588枚 投票総数1,760票

【投票結果】
1位 「土からの収穫」 Soil's Harvest 166票
青木邦眞 AOKI Kunimasa
埼玉県 Saitama JAPAN

2位 「水のハーモニー」 Water's Harmony 148票
KIM Kyoung-Min
東京都 Tokyo JAPAN

3位 「衍(命の広がり)」 TheReproduction of Species 120票
王  鋼 WANG Gang
中国 CHINA

お問い合わせ

まちづくり推進課 朝倉文夫記念館
電話:0974-72-1300