小児救急ハンドブック

公開日 2015年1月26日

最終更新日 2015年1月26日

「小児救急ハンドブック」について

 子どもさんが、昼間はあんなに元気だったのに、夜になって急に熱が出るなどして、あわてて病院に駆け込んだことはありませんか。
 子どもさんをお持ちの保護者の方であれば、多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか。
 この度、大分県医師会・大分県小児科医会のご協力により、発熱や嘔吐など、よくある症状別に、観察のポイントや家庭での対応について、分かりやすくまとめました。
 子どもさんの具合が悪くなった時に、しばらく様子を見てもいいのか、すぐに医療機関で受診した方がよいのかなど、症状別に具体的な対処方法を記載しています。
 このハンドブックをご覧になり、実際に医療機関で受診するかどうかは、最終的には保護者の方の判断となりますが、その判断の際の一助となれば幸いです。
   

小児救急ハンドブックのイラスト

小児救急ハンドブック

■小児救急ハンドブック

小児救急ハンドブック(分割版)

お問い合わせ

市民生活課 
電話:0974-22-1001

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。