朝倉文夫記念館フロアガイド

公開日 2015年1月31日

最終更新日 2015年1月23日

朝倉文夫記念公園の中心施設である朝倉文夫記念館。代表作の「墓守」をはじめ、朝倉が愛してやまない「猫」の像など、学生時代から晩年までの作品や、ゆかりの品々の展示、ビデオ上映を行っています。日本近代彫刻の基礎を築いた朝倉文夫の偉業を伝える貴重な施設です。

第2展示室
第2展示室の様子
フロアイラスト
フロアガイド

朝倉文夫記念館 1991年3月28日開館

【展示構成】

第1展示室・・・朝倉の初期の作品、肖像彫刻など
第2展示室・・・女性像
第3展示室・・・「猫」を中心とした動物の像
第4展示室・・・男性像

【設計について】

【設計者】
建築設計 清家 清 氏 (デザインシステム)
環境造形 澄川 喜一 氏
展示設計 朝倉 摂 氏

建築面積 593平方メートル
延べ面積 652平方メートル
構造・階数 RC造・一部鉄骨造、地下1階・地上1階 

お問い合わせ

まちづくり推進課 朝倉文夫記念館
電話:0974-72-1300