市章・市民憲章・市花・市木

公開日 2014年12月4日

最終更新日 2014年12月4日

豊後大野市市章(平成17年8月3日制定)

豊後大野市の豊後と大野の頭文字(英字)の「BとO」を組み合せ、豊かな自然と文化を未来へと継承し、発展するまちの姿を表現しています。赤い中央の太陽は、健康で文化の香るまちの輝く希望を、青の大野川の流れは、人々の協働・共創の和を象徴しています。
※デザインは彦根 正さん(東京都)

市章


画像をクリックすると高解像度画像(923×922ピクセル)が別ウインドウで開きます。

豊後大野市市民憲章(平成18年4月1日制定)

前文

わたしたち豊後大野市民は、恵まれた自然と母なる大野川のもとで多くの歴史的・文化的資源を受け継いできました。このまちの市民であることに大きな誇りと責任を持ち、自然と文化を未来へつなぎ、活力とやすらぎのあるまちづくりのため市民憲章を定めます。

本文

一、豊かな自然を守り、美しいまちをつくります。
一、健やかな心とからだを育て、明るいまちをつくります。
一、芸術を愛し教養を高め、文化の香るまちをつくります。
一、働くことに喜びを持ち、活力のあるまちをつくります。
一、思いやりの心を大切に、温かいまちをつくります。

豊後大野市花「ボタンザクラ」(平成18年4月1日制定)

豊後大野市花「ボタンザクラ」
バラ科サクラ属サトザクラグループ
ボタンザクラは、ソメイヨシノの花が終わった後の四月下旬から開花し始めます。2.5 センチ程の薄紅色の八重の花が咲き乱れるこのサクラは、古くから豊後大野市大野町の烏帽子岳浄水寺の庭に咲いていたことが、豊後大野市への由来となります。花々が重なり合い、一つになって優雅な美しさを放つその姿を新市にたとえ、市花として選定しました。

豊後大野市木「クヌギ」(平成18年4月1日制定)

豊後大野市木「クヌギ」
ブナ科コナラ属
クヌギは、豊後大野市において広く分布し、一面の春の新緑・夏の深緑・秋の黄葉と、地域特有の他に誇れる景観を作り出す樹木です。
産業面では、薪炭材としての活用の歴史や、量的・質的に全国有数の椎茸生産地であることからも、その原木として非常に重要な役割を果たしています。
市内全域に分布し、四季を彩るこの樹木は、豊後大野市にとって欠かせない存在であることから、市木として選定しました。

お問い合わせ

総務課 
電話:0974-22-1001