後期高齢者医療

公開日 2016年4月1日

最終更新日 2016年4月1日

後期高齢者医療制度について

 75歳以上の高齢者の方々が、安心して医療を受け続けられるようにするため、平成20年4月から老人保健制度に代わる新しい高齢者の医療制度として始まりました。
※75歳になるときに届け出は必要ありません。 
 詳しくは、大分県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。ホームページはこちら

  •  世帯主、同一世帯員以外の方が手続きをする場合
    (同一の住所であっても、住民票上の世帯が別の場合は、委任状が必要となります。)
    委任状(窓口申請用)[PDF:276KB]

対象となる方 (被保険者)

被保険者
75歳以上の方 75歳の誕生日当日から
一定の障がいのある65歳以上の方 申請により後期高齢者医療広域連合(広域連合)の認定を受けた日から

 ※生活保護を受けている方は対象外です。

保険証

被保険者一人に一枚交付されます(75歳の誕生日までに送付します)。

保険料

保険料率は、大分県内で均一となっており、被保険者一人ひとりが保険料を納めます。保険料率

 ※職場の健康保険などの被扶養者だった方や所得の低い方の負担は軽減されます。

 納付方法

後期高齢者医療保険料のお知らせは必ずご確認ください。

特別徴収
 

 年金支給月に約2カ月分ずつ:6回払い

年金からの天引き
  • 75歳の誕生日から一定期間(半年~1年)は年金から天引きができませんので、普通徴収となります。
  • 保険料の減額や制度改正があると、一時、普通徴収に切り替わることがあります。
  • 年金受給金額等により、年金からの天引きができない場合もあります。
  • 口座振替に変更することができます。
普通徴収
 
 7月~翌年2月まで:8回払い 納付書による納付
  • それぞれの納付期限までに市役所本庁または各支所、金融機関等でお支払いください(コンビニエンスストアでは納付できません)。
口座振替
  • 口座からの引落し(口座振替)の手続きをしておくと、納め忘れの心配がなくなります。
  • 「口座振替依頼書」を金融機関へ提出し、手続きをしてください。
    ※これまで国民健康保険税などを口座振替で納付されていた方も、 改めて後期高齢者医療保険料での手続きが必要となります。
  • 口座振替の手続きだけでは、年金からの天引きを停止することはできません。

自己負担割合

かかった医療費の1割負担(現役並み所得者は3割負担)
※保険証には自己負担割合(1割または3割)が明記されています。

 

大分県後期高齢者医療広域連合(広域連合)

  制度の運営は、大分県の18市町村すべてが加入する『大分県後期高齢者医療広域連合』が行っていきます。

  • 広域連合:被保険者の認定や保険料の決定、医療の給付、健診事業の実施など制度の運営全般を行います。
  • 市町村:保険証の引き渡しや各種申請・届出の受付、保険料の徴収などの窓口業務を行います。
    ※保険料・給付内容・被保険者証などについては、決まり次第お知らせします。

 詳しくは、大分県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。
 ホームページは
こちら

 各種申請書の様式ダウンロードはこちら

  •  後期高齢者医療被保険者(本人)、同一世帯員以外の方が手続きをする場合
    (同一の住所であっても、住民票上の世帯が別の場合は、委任状が必要となります。)
    委任状(窓口申請用)[PDF:276KB]

お問い合わせ

市民生活課 国保年金係
電話:0974-22-1001【内線2127】

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。