「巨大寝ころび招き猫」制作快調です!

公開日 2018年8月31日

豊後大野市リーディング事業「巨大寝ころび招き猫」の制作期間の半分が過ぎました。東京藝術大学の深井隆教授や講師、助手、大学院生のみなさん10名の皆さんは、順調に制作をすすめています。
チェーンソーや電気カンナを使って、杉の角材のかたまりが、刻一刻と猫らしい丸みを帯びたかたちに変化していくさまを間近で見ることができるまたとない機会です。どうぞ朝倉文夫記念公園へ見学においでください。

また、「大分アジア彫刻展」のインスタグラムの公式アカウントを開設しました。(oita_asianで検索してください)
こちらでも日々の制作状況を配信していますので、ぜひご覧ください。

8月27日制作の様子
8月27日(4日目)の制作の様子。。。招き猫の手を設置しています。

8月28日制作の様子

8月28日(5日目)の制作の様子。。。角を削って丸みを出しています。

8月29日制作の様子

8月29日(6日目)の制作の様子。。。だんだん猫の全貌が見えてきました。

お問い合わせ

まちづくり推進課 朝倉文夫記念館
電話:0974-72-1300