「第11回 全国和牛能力共進会宮城大会」で日本一に!!

公開日 2017年9月13日

9月7日から11日までの間、宮城県仙台市において「第11回 全国和牛能力共進会」が開催され、全国から39道府県が参加、過去最多の513頭が出品されました。
豊後大野市朝地町の安藤直樹さんが出品された第4区系統雌牛群において、大分県豊肥和牛育種組合が見事に最優秀賞に輝き、特別賞として品位賞も受賞しました。
さらに、「種牛の部」第1区から7区の各区の最優秀賞の中から選出される最高位の名誉賞「内閣総理大臣賞」も獲得し、和牛日本一の栄冠を手にしました。
大分県の「種牛の部」の名誉賞は、1970年の第2回鹿児島全共以来47年ぶり2回目の快挙となります。
全共全共安藤

お問い合わせ

農業振興課 
電話:0974-22-1001