朝地町綿田地区の地すべりに関する情報

公開日 2017年8月7日

朝地町綿田地区で発生している地すべりについて、これまでの経過や観測データ、避難情報等をお知らせします。
地割れ速度の観測データについては随時更新します。

これまでの経過

経過報告及び市の主な対応状況[PDF:438KB]

地すべり観測情報

市による簡易計測データ(5月18日~5月24日)[PDF:62KB]<計測地点(定点計測箇所)[PDF:2MB]>

県による伸縮計観測データ(5月25日~6月30日)[PDF:91KB]<観測地点(伸縮計設置箇所)[PDF:262KB]>

※7月1日から、大分県ホームページで伸縮計観測データを公表しています。公表ページはこちら

避難勧告等発令情報

<避難勧告等発令履歴>
発令日時 発令区分 対象世帯数 発令理由 解除日時
5月21日 16時00分 避難勧告 3世帯10人 地割れの箇所及び規模拡大のため 継続中
5月23日 11時30分 警戒区域 地すべりの危険性が高まったため
2世帯3人 6月30日 12時00分解除
避難勧告 4世帯4人 地すべりで孤立する恐れがあるため

「警戒区域」の設定

※5月23日、地すべりの被害が及ぶことが想定される最大限の範囲(約34.0ha)を「警戒区域」に設定しました。
(避難勧告発令世帯9世帯17人のうち、5世帯13人が警戒区域内)
※5月31日、警戒区域内に「立入禁止区域」と「立入制限区域」を設定しました。
(立入禁止区域:約25.0ha、立入制限区域:約9.0ha)
(警戒区域内の5世帯13人=立入禁止区域内)
※6月30日、「立入禁止区域」の一部(約3.5ha)を「立入制限区域」に変更しました。
(立入禁止区域:約21.5ha、立入制限区域:約12.5ha)
(変更後の立入制限区域内にある2世帯3人及び警戒区域外にある4世帯4人の避難勧告を解除)
※8月3日、「立入禁止区域」の一部(約8.2ha)を「立入制限区域」に変更しました。
(立入禁止区域:約13.3ha、立入制限区域:約20.7ha)

朝地町綿田地区地すべり警戒区域(5月31日現在)[PDF:1MB]
朝地町綿田地区地すべり警戒区域(6月30日現在)[PDF:1MB]
朝地町綿田地区地すべり警戒区域(8月3日現在)[PDF:1MB]
豊後大野市朝地町綿田地区警戒区域内における対策要領[PDF:101KB]

今後、専門家の見解や地すべりの動向・範囲等を総合的に判断して区域を見直すこともあります。

被害状況

<被害状況>
被害区分 被害状況
人的被害 今日現在、人的被害はありません。
住家被害 警戒区域(立入禁止区域)内の2戸が居住不能。
農地被害 警戒区域内の水田14.35haのうち、10.19haが耕作不能。
道路被害

市道2路線の一部が通行不能。

【神砥石線】延長629mのうち、約470mが通行不能。(橋梁1橋6.5m含む)

【徳の原支線】延長663mのうち、約240mが通行不能。

ライフライン被害 電気 6月2日、高圧線断線疑いのため、警戒区域内及び周辺の送電を一時停止するも同日中に復旧。
(15時40分に3世帯を除き復電、20時05分に仮設電線敷設により残る3世帯も応急復旧)
水道 6月3日、警戒区域(立入禁止区域)内で水道管の漏水を確認したため一時給水停止。
6月6日、仮設の水道管を敷設し、給水再開。

地すべり状況写真

状況写真(6月14日撮影分)[PDF:369KB]
状況写真(8月3日撮影分)[PDF:452KB]

※状況の変化に応じて随時更新予定です。

地すべり対策の作業状況等

県による排水ボーリング等の作業進捗状況を随時お知らせします。

地すべり対策の作業進捗状況等(6月30日現在)[PDF:728KB]

※7月1日から、大分県ホームページで排水ボーリング等の排水状況を公表しています。公表ページはこちら

その他、地すべり災害に関する情報

◇大分地方気象台による「豊後大野市気象支援資料」の提供開始(5月26日から1日3回)
豊後大野市災害義援金受付開始のお知らせ

お問い合わせ

総務課 
電話:0974-22-1001

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは、 Adobe社のサイトからダウンロードしてください。